金平糖ワルツ

ガス状星雲を混ぜてつくられた糖蜜に

赤や白や黄色をしたざらめの星が爆発した

それらの矮星は子供たちの口のなかの宇宙で攪拌され

舌先でねぶられざくざくした砂糖片として咀嚼されて

喉奥で一生を終える運命なのだが

なかには気骨に富んだ反抗心を具有するやつがおり

子供たちが菓子袋を逆さまにした際にひときわ高く弾けて

自らの道を切り開こうと企んだりする

そうしたこがねの精神の持ち主が われわれの中にも少なからずおり

彼らの輝くざらめの太陽が 道すじとなって

今宵もまた天道を真っ赤に燃えながら駈けてゆく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA