のけ者

孤独なのけ者

住む家をもたない 着る服をもたない

慈悲をもたない 愛する心をもてない

彼は食べるためなかばの暗い森をうろつく

煮炊き火の宿る里をうろつく 苔むした塁壁の城址をうろつく

歩みはのろく 行くあてもない

彼は恃めるなかまをもてない 彼は誰かと出会うための服をもてない

裸で歩き 裸で考え 裸で眠る

積み重ねすぎた孤独のため、なかまと食べものの区別がつかない

彼はなかまのケモノの肉を喰らう

皮をひき裂き 肉を啖い 骨の髄までしゃぶる

ときどき彼は心穏やかに保とうとして地にひれ伏しひとり祈る

のけ者のおぞましい声は 色のないモノロオグとして

無人の森のしじまに 木立のざわめきに溶けこんでゆく

彼はひれ伏し満たされるのを待つ

満たされないという事実に満たされるまで ただ ぢっと待つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA