花粉

石蔭から引きずりだそうというのか

報われぬ横着者の住む桟橋の下に

健やかに保たれる花嫁を焼く村の共同窯

心くるおしくも胸かき乱される渡来人たち その末席の

かみつれの薫付きろうそくに灯れ

凍てつく冷たい炎

不感症のおまえの手のひらを灼くほどの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA