大沼

弥栄そこは閑かな沼地で

泥にまみれたわれわれがいつか還る場所だ

たどれ 草葉に覆い隠された巡礼の道を

おまえの信じる愛情の雫が慈雨として降り注ぐものならば

行き着く先を求めるのならば

おまえは達しうるか 

煮える瀝青を浴びる牧人の衣服のあまりに青すぎる青

三本の臍の緒がおまえの細い喉へと絡みつく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA