プレゼント

鬼灯色をした硝子の球体を口に含んだ

舌で転がしたなめらかなあめ玉

奥歯で噛むと硝子に亀裂が生じて

ぴしん、ぴしんと共鳴した

素焼きの陶器の破片を口へ入れる

舌先が土っぽくざらつく

味蕾にぴりつくのは子供の頃遊んだ花壇の味

雨上がりの午前に嗅いだ夏草の噎せるようなにおい

胃のなかで硝子と陶器が混淆して

きらきらした雲母がお尻の穴から出てくるのを

朝いちばんのお通じで期待した

それはたぶん なのかめの便秘の敬虔な祈りにすこし似ている

一時間ほどがんばってごろんとした一個の卵を産んだ

僕の胃腸を通過した強く頑なな愛情を

きれいな箱に入れてラッピング用のリボンで結わえて

届けたい貴女へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA