冬ごもり のために

たくさんのくぬぎを必要とした

僕らは集めた 朽ち葉を細かく咬んで

おがくずの寝床をしつらえた

菌糸ベッドで眠るわが子を おがくずのふとんにやさしくうずめ

妻はあくびをかみ殺し 僕の寝間着の袖をひいた

僕らはくぬぎの底で 深くゆるやかな呼吸をし くぬぎの底で

雪の重みで軋んだ天井を仰いだ

真冬の夢の 根雪のぬかるんだ土くれ

草の芽吹きに刳り抜かれた虚の春をゆめみて

長く冷たく蓋をおとした雪の幾千夜を

意識のとろ火で煮こまれまどろんでゆく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA